お問い合わせ 個人情報保護法 サイトマップ  
 
コンテンツ
スポーツイベント
スポーツ大会
スカイホール豊田
豊田市運動公園
 
豊田市体育協会について
豊田市体育協会について
豊田市体育協会について
豊田市体育協会について
豊田市体育協会について
 
体育協会からのお知らせ
 
トレーニングルーム
 
フリークライミングウォールの利用案内
 
管理施設
管理施設一覧
予約システム
 
管理施設
〒471-0861 豊田市八幡町1-20
TEL 0565-31-0451
t-taikyo@hm6.aitai.ne.jp

 
 
加盟団体
平成30年度事業計画
T. 基本方針

 当協会は、生涯スポーツのまちづくりを目指し、「芽ざそう スポーツのまち とよた」をモットーに、加盟団体及び地域の皆さまと共にスポーツ振興に取り組んでいます。
各種事業の実施にあたっては、新しく策定された第3次豊田市生涯スポーツプラン行動計画や豊田市が推進する『WE LOVE とよた』の理念のもと、加盟団体、優れた人材やスポーツ施設を有するトヨタ自動車株式会社、中京大学、株式会社豊田スタジアム、文化と観光の視点をもった豊田商工会議所やツーリズムとよたなどの諸団体と連携を深めながら、「する、楽しむ、支える」の観点からスポーツの振興を図ります。
「する」スポーツについては、加盟団体と共働し、各種市民大会及びスポーツ教室、健康教室等の開催を通じて、市民がスポーツに親しむ機会の拡大を図りながら、生涯にわたり市民が健康で豊かな生活ができるよう事業を実施していきます。特に、超高齢社会を迎え、高齢者が気軽に参加できる大会・教室等の拡大を図ります。あわせて、豊田マラソン大会は、参加者が1万人以上を超える大きなイベントとして定着しており、さらなる安全性と満足度の向上とともに第40回記念大会へ向けた準備も進めてまいります。
また、当協会に加盟した地域スポーツクラブと協力し、地域へのスポーツの普及・支援活動にも力を入れていきます。
「楽しむ」スポーツについては、国際大会、国内のトップリーグ、全国大会などを積極的に誘致し、市民にスポーツの感動を伝えていきます。
また、大規模スポーツイベントを観光やまちづくりに活かすため、コミッションの推進に向けて、豊田市とともに取り組んでいきます。
「支える」スポーツについては、大会運営のマネジメントなど、スポーツを支える人材の育成を図り、加盟競技団体や地域スポーツクラブとともに、市民スポーツ、地域スポーツの振興に努めます。
 また、ラグビーワールドカップ2019TMや、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、豊田市や企業等と共働し各種啓発活動を推進し、機運醸成を図ります。さらに、スポーツ施設の管理・運営においては、利用者の皆さまに安心・安全に利用いただけるよう、設備、備品等の適切な管理に努め、施設の利用促進と満足度の向上を図ります。特に、スカイホール豊田は、市民に親しまれる「する」、「楽しむ」スポーツの拠点施設であると同時に、スポーツ観光の拠点施設でもあるため、参加者・観衆の宿泊を伴うような大きな大会を誘致し、まちの活性化や経済効果の波及に貢献し、当該施設の機能・魅力を十分発揮できるよう運営していきます。

 
U. 重点目標
1)する・楽しむ・支えるスポーツの振興
(1)するスポーツ
  @ 第39回豊田マラソン大会の開催・運営及び第40回記念大会の検討及び計画作成
参加者及び応援者等を含め23,000人が参加する大会に成長した本大会を、地域や中心市街地、関係団体と共働し、さらなる安全性と満足度の向上を目指しながら開催します。また、第40回記念大会に向けて事業内容を検討すると共に計画を作成していきます。
  A 地域スポーツの普及・支援
地域スポーツクラブなどと協力しながら、子どもの体力アップ、中学校の部活動の支援、高齢者スポーツ・健康推進活動の普及・支援を進めていきます。

(2)楽しむスポーツ
    国内屈指の体育館機能を活かし、魅力的なトップレベルの競技会誘致を図り、スポーツの感動を発信していきます。また、地元スポーツチームや豊田市ゆかりのトップアスリートの応援をするとともに、スポーツの体験会などを通じて、スポーツの興味関心を高めます。

(3)支えるスポーツ
  @ 運営役員・指導者の養成
国及び県の競技団体が行う研修会、講習会への参加を推奨し指導者の養成を図ります。
  A ラグビーワールドカップ2019TM愛知・豊田開催への支援
開催に向けた各種イベント・啓発活動など
ア 豊田市、加盟団体及び企業等と共働し推進します。
イ 大会ボランティアと連携したラグビーイベントの運営協力を行います。


2)スポーツ施設の安全性と利用満足度の向上
(1)安心・安全な施設管理
  @ 施設、器具の日常点検を強化し、利用者の事故・ケガの防止を図ります。
  A 施設巡回を強化し、事件・事故の未然防止図り、利用者の安全を守ります。

(2)利用者の満足度アップ
    利用者満足度100%を目指し、施設利用者にアンケートを実施します。

(3)豊田市運動公園、毘森公園、五ケ丘運動広場の指定管理継続に向けた取組
    利用者満足度100%を目指し、施設利用者にアンケートを実施します。

(4)地域貢献
    職場体験、五ケ丘運動広場の利用、豊田市運動公園のマレットゴルフ場など、学校や地域と積極的に交流を図り、地域のスポーツ振興に貢献します。


3)実施計画
短期行動計画第2期(平成27年度〜30年度)の推進・評価に基づき、第3期の計画策定

 
V. 実施計画
1)市民のニーズに合わせた様々なスポーツを実施する機会と場を提供する事業
(1)スポーツ大会の実施  
 @ 市民総合体育大会
A 市民選手権大会 
B 豊スタリレーマラソン   7月7日(土)
C 第39回豊田マラソン大会   11月18日(日)
D 豊田市民駅伝&地区対抗駅伝   1月26日(土)
E 豊田健康体操フェスティバル    2月2日(土
F 五ケ丘グラウンドゴルフ大会    3月初旬

(2)スポーツ教室等の実施
  @ 種目別スポーツ教室  ※加盟団体実施教室
  A 健康づくり教室など
(ア) 女性、子どもを対象とした各種健康教室
  a ワンタイムプログラム(60分)   スタンダードヨガ、ピラティスなど週6教室
  b ロングプログラム(60分10回)  エアロビクス、ヨガなど4期各19教室
(イ) 高齢者を対象とした健康教室等
  a 60歳からの体力再生教室  4教室(各10回)
  b 出前講座 通年
(ウ) ウオーキングプログラム(地域スポーツクラブ、豊田スタジアムと共働で実施) 12回
  B 中京大学教室等(大学の施設、人材等と提携して行う事業)
(ア) 子どもの体力づくり教室   11月〜12月(5回)
(イ) 高齢者の体力増強教室
  C 地域スポーツクラブとの連携
(ア) 子どもスポーツフェスタ、走り方教室
(イ) 合同練習会、指導者研修会、部活指導
(ウ) ウオーキング
(エ) その他、高齢者スポーツ、健康推進活動の普及・支援
(3)スポーツ施設管理運営  ※【 】内は指定管理期間
  @ スカイホール豊田【平成29〜33年度】
メインホール、サブホール、武道館、トレーニングルーム、クライミングウォール
  A 豊田市運動公園【平成26〜30年度】
陸上競技場、球技場、野球場、体育館、弓道場、アーチェリー場、多目的広場、ソフトボール場、マレットゴルフ場
  B 毘森公園【平成26〜30年度】
野球場、テニスコート、弓道場、相撲場
  C 五ケ丘運動広場【平成26〜30年度】
球技場、多目的広場、マレットゴルフ場
  D 河川公園運動広場等[平成30年度(単年度受託業務)]
越戸公園(ソフトボール場)、荒井公園(テニスコート)、平井公園(テニスコート)、川端公園(サッカー場、フットサル場)、川田公園(野球場、ラグビー場)、白浜公園(野球場、ゲートボール場)、御立公園(ハンドボール場)、丸山公園(テニスコート)、岩倉運動広場(テニスコート)、新生公園(ソフトボール場、野球場)、平山公園(少年野球場)


2)市民にスポーツを観戦する機会を提供する事業
(1)競技会誘致事業
  @ 日本女子ソフトボールリーグ第2節 5月12日(土)・13日(日)
  A Vサマーリーグ女子バレーボール西部大会 6月下旬
  B 全国高等学校野球選手権大会愛知県大会 7月中下旬
  C 大相撲豊田場所 10月中旬
  D ジャパンラグビートップリーグ 10月未定
  E Wリーグ(女子)バスケットボール 10月下旬・1月下旬
  F Bリーグ(男子)バスケットボール 11月中旬
  G ソフトテニス日本リーグ 12月14日(金)〜16日(日)
  H Wリーグ(女子)バスケットボールセミファイナル 2月下旬
  I 中京・明治 大学サッカー交流戦 3月中下旬


(2)協力事業
  @ FIVBバレーボールネーションズリーグ
2018女子豊田大会
5月22日(火)〜24日(木)
  A 豊田スカイ全国オープンラージボール卓球大会 5月26日(土)・27日(日)
  B 車愛知・豊田ラグビーフェスタ2018 6月17日(日)
  C ラグビー日本代表戦(対ジョージア) 6月23日(土)
  D 全国選抜大学バスケットボール大会 7月6日(金)〜8日(日)
  E 中部日本卓球選手権大会 7月14日(土)〜16日(月)
  F 西日本ジュニア体操競技選手権大会 7月22日(日)〜25日(水)
  G 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 8月3日(金)〜8月8日(水)
  H 西日本医科学生バドミントン大会 8月11日(土)〜13日(月)
  I 全国国公立大学卓球大会 8月15日(水)〜17日(金)
  J 全日本マスターズハンドボール大会 8月24日(金)〜26日(日)
  K 車椅子バスケジュニアチャンピオンシップIN愛知 9月8日(土)・9日(日)
  L スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム愛知 9月23日(日)・24日(月)
  M 真樹日佐夫杯2018オープントーナメント
全日本空手道選手権大会
10月6日(土)・7日(日)
  N 愛知県ラグビースクール交歓会 11月25日(日)
  O 豊田国際体操競技大会 12月中旬
  P 全日本ジュニア国際親善レディース&シニア
極真サムライ杯空手道
12月23日(日)
  Q 全国ジュニアバスケットボール選手権大会 1月5日(土)・6日(日)
  R 全日本社会人・学生対抗インドアソフトテニス大会 1月20日(日)
  S 剣聖旗全国選抜(高校・中学)剣道大会 2月9日(土)・10日(日)
  ? FUTSAL地域チャンピオンズリーグ 2月15日(金)・16日(土)
  ? 全日本高校選抜ソフトテニス大会 3月28日(木)〜30日(土)


3)スポーツに関する環境整備及び活動支援事業
(1)助成事業
  @
A
B
C
D
E
F
G
H
I
国際交流事業助成
講習会・研修会参加助成
全国大会等出場者激励金
東海大会等主管事業助成
選手強化事業助成
団体旗作成助成
特別記念事業助成
愛知スポーツ・レクリエーションフェスティバル主管事業助成(テニス・弓道)
健康推進事業助成
加盟団体活動事業助成
各種スポーツ大会、教室、講習会・研修会(技術、審判、指導者)等


(2)スポーツ少年団育成事業
  @ 少年団カーニバル 9月1日(土)
  A 指導者研修会 前期/6月2日(土)、後期/1月下旬
  B 西三河サッカー大会 9月1日(土)・2日(日)・8日(土)

(3)第13回愛知県市町村対抗駅伝大会参加 12月1日(土)

(4)表彰事業
    スポーツ功労者及び優秀選手の表彰 3月下旬



4)スポーツに関する普及・啓発・情報発信事業


(1)広報活動事業
  @ ホームページを活かした情報発信
  A 豊田市の広報誌「広報とよた」によるPR
  B Facebookを利用した情報発信
  C まちなか宣伝会議と連携した情報発信

(2)ラグビーワールドカップ2019 愛知県・豊田市開催への機運醸成
  @ ラグビー振興事業の展開
  (ア) 市ラグビー協会と共働し、スクールやジュニアクラブにおける選手育成
  (イ) 豊田市、豊田青年会議所、トヨタ自動車葛yび市ラグビーフットボール協会と連携し、小学生に向けてのタグラグビー普及
  A 豊田市ラグビー祭の開催

(3)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う機運醸成
  豊田市と連携を取りながら、競技団体及び関係機関と機運醸成に向けた取組みをします。


5)その他目的を達成するために必要な事業

(1) 将来ビジョン短期行動計画第2期(平成27年度〜30年度)の推進・評価に基づき、
   第3期の計画策定
  @ 健康水準の向上
  A 協会内の意識改革・事務局体制の強化
  B 競技力の向上

(2)人材育成
  各種研修会を受講し、個々の職員のスキルアップを図ります。
  @ 法人運営に関する研修会への参加
  A スポーツに関する公認資格の取得
  (ア) 体育施設管理士、運営士
  (イ) 健康運動実践指導者・健康運動指導士、トレーニング指導士
  B 職員研修の実施
  (ア) 接遇、コンプライアンス等の研修
  (イ) 事務研修(会計、契約、施設受付等)
  (ウ) 管理施設スポーツ器具等取扱及び整備等の研修


(3)内部監査の実施
    指定管理施設毎の内部監査を実施(各施設年2回)


(4)財政基盤の確立
  @ 中期財政計画(平成31年度〜平成34年度)の作成
  A 基本財産の運用
安全で効率的な運用
  B 国や県等の助成制度を積極的に活用した財源確保
雇用助成やスポーツ振興くじ助成金等の事業助成を活用
  C 新規賛助会員の加入促進


(5)団体等への支援
    利用者に便宜を図るため、サッカー等のペイント販売、コピー機・印刷機利用携


6)その他公益目的事業の推進に資する事業(収益事業)
(1)売店の運営及び自動販売機等設置事業
  @ スカイホール豊田で飲食サービスの提供
  A 利用者に必要不可欠な水分の補給としてスポーツ施設4施設(スカイホール豊田、運動公園、毘森公園、五ヶ丘運動広場)に自動販売機設置

(2)おもてなし事業
  @ スカイホール豊田で開催される全国大会等イベント時に豊田の物産品販売、飲食ブースを設置
  A 宿泊調査及びおもてなし事業の集計を分析及び効果の測定

(3)スポーツ用具の貸出事業
    スカイホール豊田クライミングウォールにシューズが必要なため、専用シューズを貸し出すことによるクライミングの普及

(4)体組成測定事業
   スカイホール豊田トレーニングジムで健康チェックのためのツールを提供

(5)チケット販売事業
   スカイホール豊田で開催されるスポーツイベントのチケット販売
 
 
  このページのTOP↑