お問い合わせ 個人情報保護法 サイトマップ  
 
コンテンツ
 
豊田市スポーツ協会について
豊田市スポーツ協会について
豊田市スポーツ協会について
豊田市スポーツ協会について
 
豊田市スポーツ協会からのお知らせ
 
トレーニングルーム
 
フリークライミングウォールの利用案内
 
管理施設
管理施設一覧
管理施設一覧
 
管理施設
〒471-0861 豊田市八幡町1-20
TEL 0565-31-0451
t-taikyo@hm6.aitai.ne.jp

 
 
加盟団体

2021年度事業計画

Ⅰ. 基本方針

 当協会は昨年度「公益財団法人豊田市スポーツ協会」に名称を変更し、加盟競技団体及び地域スポーツクラブの皆さまと共働して、より一層の市民へのスポーツの普及と生涯にわたり心身健康で明るく豊かな生活の実現に向けて、様ざまな事業を計画しておりました。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により、あらゆる活動が停滞し、生活様式も大きく変化したことから、各種イベントや事業の多くが中止になりました。
 本年度は、本来スポーツが持つ「感動」「人との繋がり」をはじめとする“無限の力”を、市民が体感できる場面を多く創り出せるよう邁進してまいります。
 さて、本年度は当協会設立70周年・法人化40周年を迎えます。「笑顔で未来へつなぐ スポーツのまちとよた」を記念事業の総合テーマに掲げて事業等を行ってまいります。また、昨年開催予定であった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が1年の延期を経て開催されます。さらに、来年は北京2022オリンピック冬季競技大会も行われるため、両大会の成功に向けた啓発活動や機運醸成を図るとともに、わがまちアスリートの応援を通してスポーツへの関心を高め、共感と感動を深める機会提供を図ってまいります。
 各種事業の実施に当たっては、優れた人材やスポーツ施設を有するトヨタ自動車株式会社、中京大学、株式会社豊田スタジアム、経済発展と観光振興の視点を有する豊田商工会議所や一般社団法人ツーリズムとよたなどの諸団体と連携を深めながら、「する」「楽しむ」「支える」の視点でスポーツの振興を図ります。
「する」スポーツについては、ライフステージに応じて子どもから高齢者までが気軽にスポーツをする機会を拡充するため、加盟競技団体や地域スポーツクラブと共働し、教室や大会の継続実施を支援するとともに、効果的な情報発信に努めてまいります。
 「楽しむ」スポーツについては、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び北京2022オリンピック冬季競技大会の応援のみならず、国際大会や国内のトップリーグ、全国大会などを積極的に誘致し開催を支援します。また、市民と一体となってナショナルチームや地元チーム、ゆかりのあるアスリートの活躍を楽しみながら応援するなど、市民がスポーツの感動を味わう機会の提供と共に、スポーツ体験の場を設けることで、スポーツを「する」きっかけに繋げてまいります。
 「支える」スポーツについては、スポーツに親しめる環境をみんなで支えあい、地域を支える人材の発掘や育成の推進に向けて、加盟競技団体や地域スポーツクラブ、スポーツボランティアとよたとともに、市民スポーツ、地域スポーツの振興に努めてまいります。
 最後に、スポーツ施設の健全な管理・運営に努め、安全・安心に利用いただけるよう、設備や備品の管理を適切に実施し、施設の利用促進と満足度の向上を図ります。特に、スカイホール豊田は、「する」、「楽しむ」スポーツの拠点施設であると同時に、大規模なイベントを通じて世界からも注目されていることから、当該施設の機能・魅力を十分発揮できるよう運営してまいります。

Ⅱ.重点目標

1.公益財団法人豊田市スポーツ協会設立70周年・法人化40周年
   記念事業の実施

  1. キッズスポーツフェスティバル
  2. 加盟競技団体との共催事業(テニス協会、女性スポーツ団体)
  3. 主催事業等の冠事業(中京大学子どもスポーツフェスタ、豊田マラソン、豊スタリレーマラソン)
  4. 競技会誘致事業とのタイアップ事業(冠事業)
  5. 記念式典、記念トークショー若しくは記念交流会兼令和3年度表彰式
  6. 記念誌の作成

2.「する」・「楽しむ」・「支える」スポーツの振興  

  1. 「する」スポーツ
    1. 豊田マラソン2021の開催
       コロナ禍においても、感染症対策を取りながら安全性と満足度の高い大会を目指して、規模を縮小し通常大会とは異なる大会として開催します。
    2. 気軽にできるスポーツの普及及び地域スポーツの推進
       加盟競技団体、スポーツボランティア等と共働して、気軽にできるスポーツ体験を通じてスポーツへの動機づけを促進し、スポーツの習慣化を目指します(キッズスポーツフェスティバル)。
       また、地域における学校部活動や大会のあり方について、行政(市及び教育委員会)や加盟団体及び地域スポーツクラブ等と仕組みを検討するなど、子どものスポーツ活動の場や担い手の創出に取り組みます。
  2. 「楽しむ」スポーツ
     スカイホール豊田の持つ国内屈指の機能を生かし、魅力的なトップレベルの競技会を誘致して市民へスポーツに対する興味及び関心を向上させます。また、オリンピック・パラリンピック等を通じて、市民が一体となって地元スポーツチームや豊田市ゆかりのトップアスリートを応援し、感動と興奮を共有することで、スポーツの更なる普及と啓発を図ります。
  3. 「支える」スポーツ
    1. 運営役員・指導者の養成
       国及び県の競技団体が行う研修会、講習会への参加に対する支援を行います。また、行政(市及び教育委員会)や加盟団体及び地域スポーツクラブ等と共働して、継続的な指導者派遣や指導者の発掘及び養成に関する仕組みを検討します。
    2. 東京2020及び北京2022オリンピック・パラリンピック競技大会関連イベントの推進
       大会成功に向けて加盟競技団体、地域スポーツクラブ、スポーツボランティアとよたとともに、関連イベントを支え、啓発活動や機運醸成を図ります。

3.スポーツ施設の安全性と利用満足度の向上

  1. 安全・安心な施設管理
    1. 施設及び器具の日常点検を強化し、利用者の事故及びケガの防止に努めます。
    2. 施設巡回を強化し、事件及び事故の未然防止に努め、利用者の安全を守ります。
  2. 地域貢献
     職場体験、五ケ丘運動広場や豊田市運動公園のマレットゴルフ場の利用促進など、地域と積極的に交流を図り、地域貢献に努めます。
  3. 利用者の満足度アップ
     市民サービスの向上のため、利用者目線での施設管理を図り改善等を実施します。また、指定管理者となっている地域スポーツクラブとも連携して利用満足度の向上に繋げます。

Ⅲ.実施計画

1.市民のニーズに合わせた様々なスポーツを実施する機会と場を提供する事業(定款第4条第1項第1号)

  1. スポーツ大会等の実施
    1. 市民総合体育大会 
    2. 市民選手権大会
    3. 豊スタリレーマラソン  時期未定
    4. 豊田マラソン2021 12月12日(予定)
    5. 五ケ丘グラウンドゴルフ大会
  2. スポーツ教室等の実施
    1. 種目別スポーツ教室 ※加盟団体実施教室
    2. 健康づくり教室など
      1. 女性及び子どもを対象とした各種健康教室
        1. ワンタイムプログラム(60分)  スタンダードヨガ、ピラティスなど週6教室
        2. ロングプログラム(60分10回)  エアロビクス、ヨガなど4期各16教室
      2. 高齢者を対象とした健康教室等
        1. 60歳からの体力再生教室  1期(2教室/各10回)
        2. 60歳からの体力増強教室  1期(1教室/各10回)
      3. 五ケ丘運動広場における教室・講習会等
    3. 中京大学教室等(大学の施設、人材等と提携して行う事業)
      1. 60歳からの体力増強教室 (再掲)
  3. スポーツ施設管理運営  ※【 】内は指定管理期間
    1. スカイホール豊田【平成29~令和3年度】
       メインホール、サブホール、武道館、トレーニングルーム、クライミングウォール
    2. 豊田市運動公園【平成31~令和5年度】
       陸上競技場、球技場、野球場、体育館、弓道場、アーチェリー場、多目的広場、ソフトボール場マレットゴルフ場
    3. 毘森公園【平成31~令和5年度】
       野球場、テニスコート、弓道場、相撲場
    4. 五ケ丘運動広場【平成31~令和5年度】
       球技場、多目的広場、マレットゴルフ場
    5. 河川公園運動広場等【単年】
       越戸公園(ソフトボール場)、荒井公園(テニスコート)、平井公園(テニスコート)、川端公園(サッカー場、フットサル場)、川田公園(野球場、ラグビー場)、白浜公園(野球場、ゲートボール場)、御立公園(ハンドボール場)、丸山公園(テニスコート)、岩倉運動広場(テニスコート)、新生公園(ソフトボール場、野球場)、平山公園(少年野球場)

2.市民にスポーツを観戦する機会を提供する事業
(定款第4条第1項第2号、定款第5条第1項第1号)

  1. 負担金事業
    1. 日本女子ソフトボールリーグ第4節
    2. Vサマーリーグ西部大会
    3. 日本ハンドボールリーグ
    4. バドミントンS/Jリーグ
    5. ソフトテニス日本リーグ
    6. 日本ボッチャ選手権大会
    7. Wリーグ(女子)バスケットボール
    8. Vリーグ(女子)バレーボール
    9. Bリーグ(男子)バスケットボール
    10. U25日本車いすバスケットボール選手権大会
    11. ジャパンラグビートップリーグ
  2. 誘致事業
    1. 東海学生剣道選手権大会・東海女子学生剣道選手権大会
    2. 豊田スカイ全国オープンラージボール卓球大会
    3. 中日本フェンシング選手権大会
    4. 全国社会人クラブバドミントン大会
    5. 東海・北陸地区高等専門学校体育大会バレーボール大会  
    6. 全日本6人制バレーボール実業団選抜男女優勝大会
    7. 大相撲豊田場所
    8. 全日本卓球カデットの部
    9. 全国スポンジボールテニス大会
    10. 全日本ジュニアチャンピオンシップ(空手)
    11. 東海高等学校ハンドボール選手権大会
    12. 剣聖旗全国選抜(高校・中学)剣道大会
    13. 全国高等学校ハンドボール選抜大会

3.スポーツに関する環境整備及び活動支援事業(定款第4条第1項第3号)

  1. 助成事業
    1. 国際交流事業助成
    2. 講習会・研修会参加助成
    3. 全国大会等出場者激励金
    4. 東海大会等主管事業助成
    5. 選手強化事業助成
    6. 団体旗作成助成
    7. 特別記念事業助成
    8. 健康推進事業助成
    9. 加盟団体活動事業助成
    10. 各種スポーツ大会、教室、講習会・研修会(技術、審判、指導者)等
  2. スポーツ少年団育成事業
    1. キッズスポーツフェスティバル    6月5日
    2. 指導者研修会      前期、後期
  3. 地域スポーツクラブ育成支援事業
  4. 地域スポーツクラブ推進連携事業
  5. 地域スポーツクラブ連携健康増進事業
  6. 第15回愛知県市町村対抗駅伝大会参加 12月4日
  7. 表彰事業 スポーツ功労者及び優秀選手の表彰   2月27日

4.スポーツに関する普及・啓発・情報発信事業(定款第4条第1項第4号)

  1. 広報活動事業
    1. ホームページを活用した情報発信
    2. 豊田市の広報誌「広報とよた」によるPR
    3. Facebook、インスタグラムを活用した情報発信
    4. まちなか宣伝会議と連携した情報発信
  2. 東京2020及び北京2022オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けた啓発活動や機運醸成
    豊田市と連携を取りながら、競技団体及び関係機関と各種イベントの実施
    1. 関連イベントに参画し、コミュニティライブサイトの実施協力
    2. 開催期間内におけるテレビ放映

5.その他目的を達成するために必要な事業(定款第4条第1項第5号)

  1.   公益財団法人豊田市スポーツ協会将来ビジョンの策定
      当協会の将来ビジョン次期計画は、本来、令和2年度に策定すべき時期でありましたが、上位プランに位置付けている(仮称)第4次豊田市生涯スポーツプラン(令和4年度~7年度)の検討・策定を令和3年度に行うことになっており、上位プランと策定時期を合わせることで現状課題を共有し、豊田市と同じ方向性で施策が実行できるようするため、ビジョンの策定を見合わせておりました。
     本年度は、当協会将来ビジョンの次期計画の検討・策定を行い、令和4年度から将来ビジョンの実施を目指します。
  2. 人材育成
    各種研修会を受講し、個々の職員のスキルアップ計画
    1. 法人運営に関する研修会への参加
    2. スポーツに関する公認資格の取得
      体育施設管理士及び運営士等
    3. 職員研修の実施
      1. 接遇、事務等に関する研修
      2. 施設管理に関する研修
    4. 先進地視察等
      協会及び事業の運営、指定管理等に関する研究
  3. 内部監査の実施
    指定管理施設ごとの内部監査を実施(各施設年2回)
  4. 財政基盤の確立
    1. 中期財政計画(令和2年度~令和5年度)の実行
    2. 基本財産の運用
      安全で効率的な運用
    3. 国や県等の助成制度を積極的に活用した財源確保
      雇用助成やスポーツ振興くじ助成金等の事業助成を活用
    4. 新規賛助会員の加入促進
  5. 団体等への支援
      利用者に便宜を図るため、施設管理 のサッカーコート等のペイント販売 、コピー機・印刷機設置利用
  6. 当協会設立70周年、法人化40周年記念事業等の実施
    1. キッズスポーツフェスティバル 6月5日
    2. 加盟競技団体との共催事業(テニス協会:11月20日、女性スポーツ団体:1月19日)
    3. 主催事業等の冠事業(中京大学子どもスポーツフェスタ、豊田マラソン、豊スタリレー マラソン)
    4. 競技会誘致事業とのタイアップ事業(冠事業) 11事業を予定
    5. 記念式典、記念トークショー若しくは記念交流会兼令和3年度表彰式 2月27日
    6. 記念誌の作成

6.その他公益目的事業の推進に資する事業※収益事業(定款第5条第1項第2号)

  1. 売店の運営及び自動販売機等設置事業
    1. スカイホール豊田で飲食サービスの提供
    2. 利用者に必要不可欠な水分の補給としてスポーツ施設4施設(スカイホール豊田、運動公園、毘 森公園及び五ケ丘運動広場)に自動販売機設置
  2. おもてなし事業
    1. スカイホール豊田で開催される全国大会等イベント時に豊田市の物産品販売・飲食ブースを設置
    2. 宿泊調査及びおもてなし事業の調査、集計
  3. スポーツ用具の貸出事業
      スカイホール豊田クライミングウォールに必要な専用シューズを貸し出すことによるクライミ ングの普及
  4. 体組成測定事業
      スカイホール豊田トレーニングジムで器具を使用した健康チェックの実施
  5. チケット販売事業
      スカイホール豊田で開催されるスポーツイベントの前売チケット販売
 
 
  このページのTOP↑